2015年03月27日

『Gun Professionals』 2015年5月号を購入しました

前回の記事で軽く触れた情報収集衛星光学5号機ですが、打ち上げが無事に成功して何よりです。
護衛艦“いずも”の件も、一般公開の公募が始まったようです。といっても、関西圏でお目に掛かるのはまだ先になりそうですね。



こんばんは。
管理人のmahiroです。(`・ω・´)ノ

昨日は花粉症の症状が酷かったのですが、今日は大分落ち着きました。
外出するのも億劫になってくる辛い時季ですね。(; ̄Д ̄)


今日はかなり久しぶりに『Gun Professionals』誌を購入しました。

P3272310blog.jpg

当ブログで取り上げるのは何気に今回が初めてですね。月刊『Gun』の頃も時々読んでいました。
他のミリタリー系の雑誌みたいに定期購読はしていませんが、今でも好きな銃の特集が組まれた時は購入しています。(・ω・)
管理人のmahiroは狙撃手(スナイパー)と狙撃銃が好きなので、狙撃銃の特集が組まれた時は大抵買います。
今月号を購入したのも映画『アメリカン・スナイパー』に関連して、長距離狙撃の実現に伴う事柄についての記事が気になったからです。
Turk Takanoさんの実践的なレポートは大変貴重なので私の中では一番楽しみですね。洋書なら沢山あるのだと思いますが、日本語の文献では少ないので大変勉強になります。(`・ω・´)
アメリカほどではないにせよ、日本でも映画の影響で注目度が高まったのか、今月号は実家の最寄の書店では発売当時に完売していましたね。

私も『アメリカン・スナイパー』の感想をそろそろ書きたいです。というか、公開から1ヶ月以上過ぎているので、いい加減書かないと……。文才が無いので大した事は何も書けませんけど。(;´∀`)
映画は現在も各地の映画館で公開は続いていると思いますので、是非どうぞご覧あれです!(((o(*゚▽゚*)o)))
戦争映画としてだけでなく、人間ドラマとしても素晴らしい内容ですよ。(*^ー゚)ノ


と、話を雑誌のことに戻します。
他にも面白い読み物はあったのですが、以前みたいに装甲iPhoneケースを対物ライフルで撃ち抜く、みたいな面白企画をまたやって欲しいですね。
私が初めて購入した『Gun』誌には食肉用の牛肉を撃って銃弾の威力を検証するような実験企画がありましたが、それをもっと詳細な数値的なデータで雑誌に記載すれば、創作活動をされるような方々にも資料としてかなり喜ばれるのではないかと思うのですが。
当時まだお子様だったので、中々衝撃的な写真に映ってちょっと怖い気もしたのですが、様々な種類のハンドガンのカートリッジ(ホローポイントや44マグナム弾など)が肉に撃ち込まれるとどうなるかが検証されていて大変感心した覚えがあります。
魅力的な銃器の写真や解説も見たいのですが、こういった変わった企画にも期待したいところです。


そんな感じで、久しぶりに読んだ『Gun Professionals』ということもあって、楽しく読ませていただきました。
小学生の頃にミリタリー趣味の世界に入った私ですが、“銃器”“小火器”に関してはそれほど詳しくなく、まだまだ半端な知識しかないのでもっと勉強したいですね。勿論、銃器も興味のある分野ではあるのですが、ガンマニアとは到底呼べるようなものでもないので……。

あと、アメリカやヨーロッパの事情はどうか分かりませんが、日本では銃器の世界はそもそも非常にニッチな世界だなー、と『Gun Professionals』を久々に購入して改めて思いました。私もそうなのですが、軍事マニアの方でも銃器に焦点を当てて調べている人は少ない印象を受けますし、軍事を総合的に扱う雑誌でも銃器関連の記事が占る割合はかなり低い部類に入ります。
『Gun Professionals』の他にも銃器を扱う雑誌ならアームズマガジンやコンバットマガジンがありますが、前者はエアガンとサバイバルゲーム中心ですし、後者は軍装が中心の紙面です。
恐らく、“実銃”にスポットを当てている月刊誌といえば、旧『Gun』誌の編集部直系の後継誌『Gun Magazine』が残念ながら休刊してしまった今では(『Gun Professionals』は『GUN』誌時代のライター中心による創刊)、『Gun Professionals』ぐらいだと思います。やはり実銃を中心に扱うコンセプトの月刊誌は需要が少ないのでしょうか……。
実銃中心に扱う『Gun Professionals』でもトイガン関係のページも大部分が広告的な新製品情報とはいえ比率的には多いですし(トイガンの記事も好きですが)。私が生まれる以前の『GUN』誌がどうだったかは分かりませんが。

銃器は人間一個人が直接手にとって使う兵器ということで、語弊はあるかもしれませんが、最も身近な兵器ではあります。
とはいえ、銃規制が厳しい日本なので直接的に実銃に触れられる方はかなり少ないと思いますし、他に一般人が実銃を見たり出来るのは自衛隊や在日米軍の基地祭ぐらいです。しかし、映画やゲーム、漫画やドラマなどでは小道具として登場する場面は非常に多いので、その影響で何となく「銃は好き」という人はかなりいる気がしますし、私の周りでもミリタリーに詳しくない方の中でもチラホラと見かけます。
ただ、ある程度は知っている方はいても、銃器のメカニズムや歴史、細かい仕様に興味を持って調べたり、詳細なことまでご存知のマニアとなると、戦車や艦船、航空機が好きな軍事マニアの方と比べても案外少ない気がします。軍事マニア全体を見渡しても「銃“も”好きな人」は沢山いる筈ですが、「銃が何より一番大好きな軍事マニア」となると割と少数派……の様な気がしますね。単なる私の思い込みや気のせいかもしれませんし、あくまでも個人的な見解ですけども。
私自身、漫画『沈黙の艦隊』の影響で海軍・軍艦に対する興味の高まりからこの趣味に入って、その次に飛行機が好きになって、その次に戦車、という具合でしたし、銃器も好きではあっても重点的に調べることはそんなになかったと思います。
単に私が不勉強なだけかもしれませんし、そもそも私はただのミーハーなミリタリーファンですので、海軍や空軍の事も詳しいと言えるレベルではありませんが……。


そんな私ではありますが、少し前からトイガン(エアガン、モデルガン)を買ったりはしています。
艦船や航空機ほど知らないとはいえ、やっぱり昔から憧れ自体はありましたしね。ただ、ここのところちょっと金欠気味なのと、一つ一つのお値段がそれなりに張るのでほんのちょっとしか所持していませんが。1/48スケールのF-22や1/35のメルカバのプラモデルの5倍以上、10倍以上もするようなエアガンやモデルガンはおいそれと手が出せませんし。\(^o^)/
あと、残念なことに私の好きな銃は中々商品化されないことが多いんですよね。ソビエトの対戦車ライフルPTRS1941とか、どこかのメーカーさんがエアガン化して欲しいと思います。(←無理無理)

独ソ戦(大祖国戦争)初期においてドイツ軍の侵攻を遅延させて長期戦に引きずり込ませ、最終的なソビエトの勝利に大きく貢献したのはT-34やKVシリーズといった戦車の存在がもちろん大きいのですが、決死の覚悟で有効射程圏内に近づくのを待ち構えて、ドイツ軍の戦車の装甲の薄い箇所や装甲が施されていない箇所を狙撃してドイツ軍の戦車兵を大いに悩ませた赤軍の対戦車ライフルの射手も忘れてはならないと思うのです。いくらIII号戦車やIV号戦車の側面や後面の装甲や防弾ガラスを貫通できるとはいえ、技術だけではなく勇気もいる任務だったことは間違いありません。
歴史的にも(重量的にも)かなり重みのある銃です。大勢の同志たちが待ち侘びておりますので是非。(えー)

機会があれば購入したトイガンについてブログでも紹介してみようと思います。(・ω・)

そんな訳で今回はここまでです。
それでは。



☆最近の気になったニュース☆

◆数学者を使うのが遅すぎた日本陸軍の失敗 (JB PRESS)

◆映画「イミテーション・ゲーム」から見えてくる国家と個人の秘密をめぐる戦い (JB PRESS)


「陸軍中野学校の創設があと10年早ければ太平洋戦争は回避できた」という声も関連書籍やサイトでも散見されますね。
私もその可能性を否定はしません。ただ、個人的な意見と見解ですが、技術力の格差や数学者の活用の遅れも勿論その通りなのですが、情報を適切に扱える人物が政治家や軍人、官僚たちのトップの中に存在せず、不都合な事実に目を背けて、決定事項が誤っていないかを検討し直さずに墨守し続けたことが一番の問題だったのではないかと。
トップがこんな状態ではいくら中野学校出身の優秀な情報員が確度の高い情報を入手したり、仮に優秀で規模の大きい暗号解析班を当時の日本が保有してアメリカやイギリスの暗号を解読できたりしていたとしても、有効に活かされなかった可能性もあります。
逆に、有力な情報機関を早期に保有し、国家の首脳部が情報に対する理解を持っていれば対米開戦は回避できていたでしょう。

最近“日本版MI6”設立を検討しているというニュースもありました。私もそれは正しいと考えますし、できるだけ早く日本に対外情報機関を作って優秀な要員を養成して欲しいと思いますが、情報機関としてのノウハウを蓄積するのには膨大な時間が必要なことも気がかりですが、果たして有効に情報が活かされるのかという心配もあります。

もうちょっとだけ語ってみたいのですが、長くなりそうなので今回はこの辺で。
posted by mahiro at 23:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

『クイズマジックアカデミー 暁の鐘』稼動しました!

こんばんは。
管理人のmahiroです。(・ω・)ノ

私の方は、明日25日で春休み残り一週間となります。
時間の余裕のある内に書きたいことを書いていこうと思います。


あと、前回の記事では不幸話ばかりして本当に申し訳ありませんでした。m(_ _)m
昨日の午前は先輩方の卒業式とかもあったので多少感傷的になっていたのかもしれません……。


さてさて、そんなことはさておいて、です!
本日3月25日から『クイズマジックアカデミー 暁の鐘』が稼動開始しました!O(≧▽≦)O


私も出来れば早めに『暁の鐘』で遊びたいのですが、ちょっと都合がつかないので4月以降になりそうです。(>_<)
初回プレイはエンジョイパラダイスで録画したいと考えているので、事前に予定を計画的に組む必要があります。もっと身近なお店でPC録画ができればと思いますが、結構な距離を移動しないといけないのでちょっと大変です。
『QMA6』〜『QMA8』の頃は稼動初期に動画をアップしていましたが……、春休み中であっても今の生活環境だとなかなか難しいですね。


Twitterで情報を色々と調べていますが、立ち絵のアニメーションは『賢者の扉 Season2』のままですが、全体のビジュアル面では大分印象が変わった感じですね。
これまでの『QMA』の基本モードだったトーナメントのシステムも、お助け魔法以外にも色々と新しいルールが追加されていて、これまでとは本当に別物の印象を受けました。

あと、お助け魔法の一つ“カンニング!”の説明で「ライバルの答えを覗いちゃえ!魔法だからズルじゃない!」という説明にちょっと笑ってしまいました。『QMA』の世界観では魔法を使ったカンニングは公認の模様です。『NARUTO』の中忍試験みたいにカンニング技術も魔法使いとしては実力の内、ということなのでしょうか。



『暁の鐘』公式サイトもオープンされました。ヽ(*´∀`)ノ

http://p.eagate.573.jp/game/qma/11/p/top/index.html

『暁の鐘』のイラストは全体的に動きもあって、キャラクターの個性がより強調されていて良いですね。
トップ絵で描かれてるキャラクターもみんな魅力的なのですが、個人的にはやる気の無さそうな目をしたマラリヤさん&ミューちゃんがお気に入りです。
検定のバナー絵のデザインも凝っていて良い感じです。毎回こんな感じで続くと嬉しいところです。


YouTubeではオープニングムービーが本日新たに2種類追加公開されていました。(・ω・)





色々と楽しめる要素が盛り沢山な感じですし、私も早く『暁の鐘』をプレイしたいです。(≧∀≦)





☆最近の気になったニュース☆

◆ヘリ空母型、海自最大の護衛艦「いずも」就役 (読売新聞)

実戦配備までは約半年間の訓練期間を経てからとのこと。
是非とも見学したいところです。(`・ω・´)


◆JAXA H-IIAロケット28号機による情報収集衛星光学5号機の打上げ時刻及び打上げ時間帯について (JAXA)


情報収集衛星の打ち上げは明日3月26日10時21分に打ち上げの予定です。φ(・ω・ )メモメモ
中継があるのか気になります。
posted by mahiro at 23:55| Comment(0) | QMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

『QMA天の学舎』のまとめ、なのです!

こんばんは。
管理人のmahiroです。(´∀`)ノ

こんな記事タイトルにしておいて、開幕早々『QMA』と全く関係のない話で申し訳ないのですが、ちょっと残念なことがありまして……。(>_<)


久しぶりにゲームボーイ版の『ポケモン緑』を起動させたらデータが完全に消えていました。。゚(゚´Д`゚)゚。

『赤』は無事でしたが、『緑』の方にも結構この頃の主流だったレベル30やレベル50〜55の育成済みのポケモン(所謂ニンテンドウカップ97、98ルール)が、全てではなかったのですが、何体かボックスに預けたままだったので残念です。前回の記事で軽く『ポケモンスタジアム』の単語を出して、ふと気になって久々に起動してみたら“さいしょからはじめる”“せっていを かえる”の2つの選択肢しか選べないという……。

GBA世代な私ですが、GB時代のポケモンもギリギリでリアルタイム世代だったりします。初めて『ポケモン赤』をプレイし出していた頃にはもう『金』『銀』の発売もすぐな頃でしたが、『金』『銀』では手に入らないポケモンも多かったので、『赤』『緑』でも個体値や努力値を吟味しながら育成したことがあるので、所謂“第一世代”のポケモンにもかなり思い入れがあるだけに残念です。


データが消えた『緑』は裏技を使ったり、落としたりしたわけではないので、カートリッジ側のリチウム電池の寿命が達した可能性が高いです。『金』『銀』『クリスタル』ほどではありませんが、ゲームボーイ時代のカートリッジはセーブデータの保持に電池を使っているので、この電池の寿命が尽きるとセーブデータが消えてしまいます。
ちなみに、ゲームボーイ本体を起動している間はカートリッジ側の電池は使わないので、実はプレイ頻度が高いほど電池の寿命は伸びるということになります。最近は初代『ポケモン』を起動させることがほとんどなかったので消えたのも当然かもしれませんが……やっぱり悲しいですね。

有名な話なのでご存知の方も多いと思いますが、続編で所謂“第二世代”の『金』『銀』『クリスタル』はゲーム内で現実と同じ24時間の時間の概念が導入されているのですが、これを再現するためにカートリッジに内蔵されているデジタル時計の電池がセーブデータ保持に使われる電池と共有されているので、電池の消耗が『赤』『緑』よりもかなり早いです。事実、管理人のmahiroは3モデル全て所持していますが、確か5〜6年ぐらい前には3つとも全てデータが消えてしまい、セーブしてもすぐにデータが消えてしまう状態になってしまいました。電池の無償交換サービス期間もとっくに過ぎているので交換は自己責任でやらなければなりません(そういう手順が詳細に記述されたサイトや紹介する動画もあります)。

“第二世代”のポケモンは大半がN64の『ポケモンスタジアム金銀クリスタル』にデータを移してあるので心配はありませんが、やっぱりROMカートリッジのデータの保存の面ではやっぱり不安ですね。時計電池の消耗を除けば、基本的には消えにくい『銀』や『クリスタル』も一度はデータ消去の憂き目にあっていますので……。『赤』版でデータが突然消えた時はまだ私もお子様だったので、リアルでかなり泣いた記憶があります。
第一世代の『ポケモン』には都市伝説的に広がっていたバグ技もあったので、それらを試した事もありましたが、リアルタイムで遊んでいた頃はデータが消えても構わない前提で予備のカートリッジを購入して使っていた時代ではなく、消えた原因も思い当たる節も何もなかったので、かなりショッキングでした。

GBA版やDS版ではおかしな使い方をしなければまず消えないので(バグで消える場合もあるそうですけど)、良い時代になったものです。




さて、ここから本題の『QMA』の話です。
が、不幸な話はまだ続きます。(えー)


次回作『暁の鐘』の稼動開始がいよいよ明日に迫っているので、今日の夕方にとあるゲームセンターで最後の『天の学舎』をプレイしていたのですが……。

『暁の鐘』では1000マジカ以上は引き継げないので、購買部でマジカの消化を兼ねてアバターアイテムやあいさつ単語を購入しようと思っていたのですが、その前にマイルームでこれまでの成績をチェックしたり、獲得した通り名や壁紙を一通り見ていたところ、滞在可能な残り時間が思ったより少なかったのに気づいて慌てて購買部に行って買い物を終えてトーナメントをプレイしていたのですが、2013年夏のスタンプキャンペーンの水着絵に壁紙を指定したままマイルームを退出したので、サブモニターがずっと水着姿のマヤ・アイコ・メディア・ミューの4人が描かれている壁紙の状態だったのに気づかないまま暫くプレイしていました。後でこの状態に気づいた時はもう滅茶苦茶恥かしかったです。(///)

いや、リエルさんに相変わらずあんなCNをつけている私が言えることではないかもしれませんが。(;´∀`)
しかも、少し前までお店のQMAコーナーには私以外の他のプレイヤーがいなかったのに、ちょうどその時になって他のプレイヤーの方が現れるという……。おまけにデジカメも片手に持っていた状態でしたし……、これは誤解されていそうですね。(///)
私のプレイしていた筐体のサブモニターをその方に見られたかどうかは分かりませんし、私の気にし過ぎ、自意識過剰かもしれませんけど。(;-ω-)


むむむ、厄日なのでしょうか。
いや、私の不幸ネタは大抵私のドジが原因ではありますけど、本当に今日はとほほです……。




さてさて、そんな話は置いておきまして。
先日23日に『暁の鐘』の稼動開始日が明日25日ということが明らかになりましたね。(・ω・)
次回作も目前ですので、今回は管理人のmahiroが所持するメインとサブのカードデータの最終状態(階級と累計獲得魔法石)をブログに載せてみようと思います。


まずはメインのリエルさんデータからです。( ´∀`)

つつくなコラ@リエル 最終階級:青銅賢者 四段 累計獲得魔法石:18,570個

P3242107blog.jpg

メインなのに一番酷い写真写りになっていました。Σ( ̄□ ̄;)
『QMA5』からシリーズをプレイをし続けて、今作で初めて金属賢者になりました。が、青銅賢者に達した頃から他のサブカでもプレイしたくなったので中心にプレイしていました。そのまま白銀賢者も目指そうと考えたのですが、ちょっと時間的に厳しかったので最終的にはこれぐらいに。


ハングマン@マラリヤ 最終階級:大魔導士 10級 累計獲得魔法石:2,535個

P3242124blog.jpg

マラリヤさんのデータは『QMA5』の頃からサブカとして使っていました。この中で唯一、賢者に昇格させられなかったのが惜しいところです。
マラリヤさんのサブカで色んなイベントシーンをエンジョイパラダイスで録画しようとして後回しにし続けて、そろそろ録画しに行こうと思っていた矢先にe-PASSを紛失したことなどの色々な理由が重なってこの結果に。黄玉や紫宝邪神の時にもっと使っていれば……。なので、『暁の鐘』では出来るだけ使いたいです。
『QMA』のキャラクターの中でもマラリヤさんはかなり好きですので、次回作でもこのままです。ただ、CNは『QMA8』からずっと“ハングマン”でしたのでCNは変える予定です。



以下はCN非公開のサブカです。
ブログ上ではCN非公開にしているサブカについては、『暁の鐘』ではCNもキャラクターも変更することも検討中していますが、やっぱり思い入れもあるのでそのままにするかもです。(・ω・)


ルキア 最終階級:大賢者 四段 累計獲得魔法石:11,002個

P3242143blog.jpg

『QMA5』時代のメインだったASTER@ルキアと同じ学籍番号のデータを引き継いでます。
割と高い頻度で使っていました。ただ、大賢者に到達してエンディングを迎えると、やり切った感が出てしまうのでその時点で他のカードを使いたくなってしまいます。なので他のカードも大体は大賢者止まりという結果に……。


マヤ 最終階級:大賢者 四段 累計獲得魔法石:11,003個

P3242161blog.jpg

マヤさんのカードは『QMA8』で作って以来、あまり使わなかったのですが(そもそも『賢者の扉』時代はプレイ回数自体が少な過ぎたのですが……)、今作ではトーナメントや邪神封印戦でも結構使っていました。
狙っていたわけではないのですが、累計魔法石の数は11,003個。偶然ですが、ルキアちゃんのカードより1個だけ多かったです。


クララ 最終階級:大賢者五段 累計獲得魔法石:11,619個

P3242171blog.jpg

クララちゃんのサブカは本当につい最近の去年2014年の12月にシャロンさんのサブカと共に作りました。
プレイした回数は下のシャロンさんのサブカとほぼ同じ筈ですが、邪神戦の勝率が多少上だったのでこんな感じに。
殆どの魔法石は邪神封印戦で稼ぎました。


シャロン 最終階級:大賢者三段 累計獲得魔法石:10,888個

P3242182blog.jpg

どうでもいいことですが、クララちゃんのカード共々ちょっと中途半端な魔法石の数になっているのは、今日この日に1回だけ店内協力プレーで少量の魔法石を稼いだためで、それ以外は全て邪神封印戦で稼ぎました。
フェアリー組で大賢者は浮きそうだな〜……と思いきや、どの邪神封印戦のHardモードでもフェアリー組の宝石賢者のプレイヤーの方を何人か見掛けました。


実は『QMA5』時代にはクララちゃんとシャロンさんのカードも使っていましたが、データの保存期間が経過してしまったため削除された過去があります。(T_T)
しかも、期限切れに気づいたのが、その僅か3日後というのがまた悔しかったので、いつかは作ろうと思っていました。

……って、またドジから出た不幸話を語ってしまいましたね。本当にごめんなさいです。(;-ω-)




『天の学舎』で使用した全てのカードデータで獲得した魔法石を合計すると……、


18,570個+2,535個+11,002個+11,003個+11,619個+10,888個=65,617個


65,617個となると、もしリエルさんのカード一本に絞っていれば、白金賢者二段には達していたというところでしょうか。
そう考えると、ライトプレイヤーな自分の中では過去例が無いぐらい魔法石を稼いだ事になります。が、殆どが獲得魔法石が膨大な邪神封印戦で稼いだものなので、実質的なプレイ回数でいえば『QMA5』には遠く及ばない気もします。7分程度で魔法石を250個(PASELIプレーなら300個)も稼げるようなモードはありませんでしたし、多分『QMA8』と同じぐらい……かと思います。

それでも、『天の学舎』は結構プレイしました。ミリタリー検定のお陰でモチベーションも大分上がりましたし、邪神封印戦は実際かなり楽しかったですしね。ゲーム性があって面白かったですし、1回のプレイ時間が短いのでクレジットの投入が相当進みました。『暁の鐘』でトーナメントにもお助けアイテムが使用可能になったのも、ゲーム性の部分の好評を受けてのことだと思います。
明日稼動する『暁の鐘』のトーナメントがプレイヤーの方々からどういう評価を受けるのかはまだ分かりませんが、好評をもって受け容れられれば良いなと思います。(・ω・)


という訳で、今日はこの辺で。
それでは。(`・ω・´)ノシ
posted by mahiro at 23:50| Comment(0) | QMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。